Coquettish's Blog

Coquettishのライブレポなど
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
Choices Made



U CAN'T SAY NO!(以下UC)とFLATBOWL(以下FB)がスプリットをリリースした話。

このリリースは本当に嬉しい。まるで自分のことの様に嬉しいのだ。
UCは言わずもがな我々COQUETTISHの盟友であり、長らく新しい音源を待ちわびてたバンド。
そんなUCがスプリット相手に選んだのが去年まさかの復活を果たしたFB!
完全にノリでオファーしたら本当に復活しちゃったFBである!(笑)
復活しただけでは飽き足らず、まさかの新作なのです!


話は一気に遡り1998年。
UCの赤塚君とシュウちゃん(以下Sちゃん)がUC以前にやっていたバンドCCC(キャピタル~長いので以下略)のライブを見るため西荻窪WATTSを訪れた事があった。
そこに対バンとして出ていたのがFBだったのだ。
彼等はこの日横浜FADとWATTSのライブをダブルヘッダーでこなすという無茶を敢行していてw
しかもFADはユースブリゲード(fromBYO!!!)のサポート!
しかもダブルヘッダーだから見てない!w
贅沢なのかバカなのか。。
とりあえずこいつらは只者ではないな!と筆者は思ったのです。
そして始まったCCCとFBのライブは、まさにあの時代の音だった。
別に◯◯系とか括るつもりはないけど、あの頃のスカスカのポンコツのカオスな音ね。
そんなライブをニヤニヤしながら見た僕はたいして友達もいないのに打ち上げまで参加してたらしく(記憶なし)交友を深めたのです。

その後の我々とUCの関係は皆知ってるでしょう。
そして解散しちゃったFBのメンバーとも時にはWEARで、時にはSKINNY DIPrecでと関係は途切れる事なく続いていった。

そして話は戻って去年。
上にも書いた僕と赤塚君による悪ノリオファーでFBは復活したわけです。

そのライブをきっかけに実現した今回のスプリット。
嬉しくないわけないじゃない?
もうね、裏ジャケ見た時点で涙が止まらなかったよ!(笑いすぎて)

内容ももちろん素晴らしい訳ですよ。
ザックリと感想を書くと
まずUCサイド
今回は3曲って事で完全に固め打ちしてきたな~って印象。
まるで掛布!バース!岡田!的な3曲じゃないかと。
これが今のユーキャンだぜ!と高々に宣言してるのが気持ち良い。
自分達のやってる事に自信持ってやってるとバンドって何が産まれると思います??


説得力です。


今回の彼等は説得力に満ち溢れてるんだよね。
バンドが若いうちに持てないモノ。それがコレです。
ずっと自分達の音を信じて続けてきた彼等だからこその今回の音なんだね。
なんか腹立つからw本人は褒めないけどSちゃんのベースが音源出す度に存在感出てくるんだよね。


そしてFB!
15年ぶりの音源!ってだけで僕等にはどんな気持ちで録音したのか想像もつかないけど、とんでもない3曲を持ってきたね。
1曲目は去年のライブでもやっていた曲。
所謂名曲。久しぶりに100点付けたくなるレベルの名曲。
実際に聴いた人はわかると思うけど、歌詞カード見ながらでも全然何歌ってるのかわからない早口ボーカルも健在w
次の曲は空白の15年があったからこそって感じの曲。
雰囲気は北欧の風を感じるやつです(?)本人達は嫌がるだろうけど、個人的に大好きなNOBODYS(日本のほうね)っぽい雰囲気もあるので好きです。
最後の曲は初めてFBを見たあの空気感をそのまま曲にした様な曲。
バカだな~ってニヤニヤしながら聴いちゃう「あの」感じ。
変にこなれてない分初見の人には新鮮なんじゃないですかね?

こういうCDこそ是非とも色んな人に聴いてほしいなと筆者は思うんですよ。
共感できる人は多くないかもしれないけど、自分だけの宝物みたいな音源になるんじゃないかなと。

そして夏にはリリースされるであろう我々COQUETTISHのアルバムもその宝物の横に添えてくれたら嬉しいなと!(さりげない宣伝)

その宝物達を聴き込んで今回のスプリットのきっかけになったイベント
PUNKSKARIOTが今年も開催されるので、遊びに来てくれたら嬉しいなと!!!(さりげな、、略)

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。